[4冊目]石田衣良『愛がいない部屋』☆☆☆☆☆

一番気に入ったことば「男という生きものは頑固だった。決して自分を変えようとはしないのだ。それどころか、嫌な部分ばかり雑草のようにしつこく伸ばしてくる」


短編小説は記憶に残りにくい気がする。


でもこの本の主題になっている「愛がいない部屋」は一度読んだ後すぐにもう一度読み返した。


それは僕の理解力の低さかもしれないが、でもすぐに読み返したかったってのは良い作品ということなのかもしれない。


ホームシアター」の父子の関係はいいなぁとおもた。


喜びに度合いがあるかはわからないが、その喜びははじける様な大きな喜びではなく
心の中から少しずつ湧き上がってくるような喜びだった。


愛がいない部屋 (集英社文庫)

愛がいない部屋 (集英社文庫)