レポートものろーぐ

今日は1年の頃からお世話になっているM先生にレポート指導を受けました。


2年次以降は毎週のようにレポートに追われ、とにかく考えることなく、可もなく不可もない正解ばかりを追っていたように思います。


そして最近は人文系のレポートの書き方を見失っていたように思います。


レポートを書くための基本(というか卒論レベル)について地に足がついた形で書くための方法論を教わりました。


その教えから、自分の言いたいことを小手先の技術を用い引用をコラージュするのではなく、例え拙い知識でも自分の芯なる部分を愚直に表現する方が面白い。というようなことを感じました。


先生の教えに対して一部個人的な異論はあります。しかし今一度原点に戻って視線の方向を再確認させられたようでもありました。


M先生と高レベルな議論を交え、頭痛するほど頭を使った充実の一日でした。