石川明『はじめての社内起業』☆☆☆

一番気に入ったことば「ある程度「非合理を承知」でいなければ、新規事業は始まらない」

 

この本は私自身が社内で新規事業を興す上で必要と思い読みました。

 

本書は著者がリクルート社での経験を元に、新規事業を始めるために必要な心構えと考え方が記載されています。ただし、具体的に自分の会社、事業に落とし込む為にはある程度読み替えが必要だと思いました。

 

新規事業を計画する者がどのような知識と戦略をもって上司や経営者に訴えるかが学べると思います。

 

 

はじめての社内起業 「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ

はじめての社内起業 「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ