本日読了[461冊目]岡野憲一郎『脳科学と心の臨床』☆☆☆

一番気に言ったことば「治療全体を支えているのは、療法家の持つ知識でも技法でもなく、統合する力とそれを基盤にした創造力である。」


この本で得られる脳科学の知識は、僕が既に知っていることが殆どでしたが、著者の逸話や経験談が盛り込まれ、読み物として楽しく読ませてもらいました。


僕自身、臨床心理士心理療法家としては、ある程度の脳科学の知識が必要だと思っています。


既に学んだ事柄でも、このような本でリハーサルしていくことは肝要です。


脳科学と心の臨床―心理療法家・カウンセラーのために

脳科学と心の臨床―心理療法家・カウンセラーのために