最近の現状ものろーぐ

今日、僕は他者の気持ちや聞いてほしい話、意見や思い、立場や状況、といったものを理解せずに自分の話ばかりする自分勝手な人間だと指摘されました。


もちろんそういう自分を自覚してはいたものの、ある種あえて自己主張の強い人間を強調していたところもあり、それが自分の個性や面白さだと思っていました。


ですが、冷静にそこを指摘され、心理士としての弱点と言われ、それだから周りの人を不快にしていると言われたら、正直落ち込みました。


無難に、器用にいきることよりも、アクの強い、いい意味でも悪い意味でも面白い人、好き嫌いの別れるような人になりたいと思っていたけど、心理士としてはそのような人は不向きなのかもしれません。


ここがまた自らを破壊し再生する転換期かもしれません。