本日読了[423冊目]都筑学『心理学論文の書き方 おいしい論文のレシピ』☆☆☆

一番気に言ったことば「一度で100%完成した原稿を書こうとは思わないことが大切」


この本は心理学論文を書くための基本について書かれたものです。


修士論文を書くにあたって、あらためて基本を確認しようと思ったのと、


「おいしい論文のレシピ」という題名に惹かれて読んでみました。


一応、ほとんど既知の情報だったかなと思いましたが、


他の本と比べて論文を書く前の準備と、書いた後の後始末についても


丁寧に記述されているところが興味深かったです。