本日読了[408冊目]エリザベス・O・リヒテンバーガー、他、上野一彦・染木史緒(監訳)『エッセンシャルズ 心理アセスメントレポートの書き方』☆☆☆

一番気に入ったことば「フィードバックの予行練習をする」



臨床心理士は、各種心理検査を行う技術に加え、その検査結果をわかりやすく被検査者や関係者に報告する能力も問われます。


この本は、翻訳書なので、日本で扱われていない検査や日本には存在しない制度などの記述があり、
理解できないところや、そのまま適応できない部分もあります。


しかしそれでも、レポート(報告書)を書く際に気をつけなければならない、解りやすい文章を書くための注意点や
見立て、援助のための指針についての記述などは読んでおいて損は無いと思います。


特に指針について書かれた7章の、各種の困難さに対する配慮は今後自分自身レポートを書く際に参考にさせてもらいたいと思います。




エッセンシャルズ 心理アセスメントレポートの書き方

エッセンシャルズ 心理アセスメントレポートの書き方

  • 作者: エリザベス・O.リヒテンバーガー,ネイディーン・L.カウフマン,アラン・S.カウフマン,ナンシーマザー,Elizabeth O. Lichtenberger,Alan S. Kaufman,Nadeen L. Kaufman,Nancy Mather,上野一彦,染木史緒
  • 出版社/メーカー: 日本文化科学社
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る