本日読了[364冊目]亀口憲治『家族システムの心理学』☆☆☆

一番気に入ったことば「肯定的意味づけ」



この本は20も年前の本ですが,この本で家族療法の基本を一通り学べると思います。


この本の特徴は,家族境界膜といわれる,家族の繋がりを図示する方法を使用しているところでしょうか。


家族療法は,家族に対して行われる心理治療を指すものですが,学派によりさまざまなアプローチ方法があります。


学派によらない統合的な家族療法もありますが,主なものに,精神分析的家族療法,行動療法的家族療法,構造的家族療法,戦略的家族療法などがあります。


臨床事例に基づく治療過程も載っていて,勉強になりました。