本日読了[348冊目]東山紘久『プロカウンセラーの聞く技術』☆☆

一番気に入ったことば「われわれカウンセラーは、専門書と同じくらい小説を読んでいます。」



小説や映画、漫画やゲーム、音楽鑑賞や演劇鑑賞などは、人間の情動を知るためにはうってつけの教材です。


もちろん、クライエントがどのようなものに興味を持ち、何に感動するのかを知るためにも有効です。


この本はロジャーズ派の著者が傾聴の技法について、一般向けにわかり易く書いています。


専門家の入門書としては『河合隼雄のカウンセリング入門』の方がよかったと感じました。



プロカウンセラーの聞く技術

プロカウンセラーの聞く技術