りんしょうしんりものろーぐ

報告が遅れましたが、この4月から臨床心理学を本格的に学ぶため、大学院に進学しました。


少し移動して、同県のJ大学に進学しました。田園と山に囲まれ、自然豊かな地域です。


学部での目標である年間100冊、計400冊が達成できなかったので(T_T)、修士課程の2年間でなんとか達成できればと思います。


一か月程学んだわけですが、同じ心理学とはいえ臨床心理はかなり異なる部分が多く、新しく得られる刺激に戸惑うばかりです。


臨床心理学はScienceとArtの両面価値的な学問らしい。


高校時代は料理人かイラストレーターになろうとして、大学に入ってからは実験心理学で科学を学んだ僕にとって、それら両義的な興味を満たす、最高にわくわくする学問領域です。


もちろん、他者への援助や地域援助といった、心理臨床的な貢献も忘れてはなりません。


科学的な部分と、科学では(未だ)説明不可能な人間的な部分の両方にアプローチしていく、フロンティア精神を持って勉学に励んでいきたいと思います(^^)v