映画ものろーぐ「カフーを待ちわびて」

ストーリー性やインパクトはあまり無く、美しい南国の風景と田舎のノスタルジーが感じられる映画です。


ジャンルはラブストーリーなのですが、恋愛や純愛というよりも、他者に対する思いやりや優しさを感じる作品です。




5年ほど前に別れた彼女を思い出しました。


僕を苦しめた彼女を、恨んだことが何度もあります。


偶然にでも会うことがあれば、苦しみや恨みの丈を述べてやりたいと思ってました。


でもきっとそれは間違っていて。


僅かな期間であったとしても、僕を好きでいてくれたことに感謝すべきなのではないかと。


そして僕もその間、いや、付き合いが終わっても尚心揺さぶる人を得たことに感謝すべきなのかもしれません。


だから、もう二度と会うことは無いと思うけれど、彼女が当たり前の幸せな生活を送っていればいいなと思います。




…とゆー気持ちにさせてくれた映画です。



カフーを待ちわびて [DVD]

カフーを待ちわびて [DVD]