文化祭ものろーぐ

今日は大学の文化祭でした。


図書館で学生主体のイベント「ビブリオクロス」という会に参加してきました。


一つの作品について考え、自分の意見を発するというものです。


第一回で取り上げられたのは中島敦山月記』でした。


イベントは手作り感満載で、終始和やかな雰囲気でした。


僕はゼミや演習でも他者より意見を主張する方だと思います。ここでもたぶん一番主張してました(*^_^*)


このような気楽な議論の場を設けることは、僕も一年次から構想があったものの実現できないでいました。今回主催者の構想と行動力を知り、自分の奥手な性格を再確認するとともに、この大学でも目立たない所で面白い活動をしている人がいるんだなと、自分の視野の狭さを実感した次第であります。


そしてかなり閉鎖的な状況にいる今の自分に不安を感じたりもしました。


行動次第で楽しい状況は創れる(リスクは伴うけど)。