昨日読了[247冊目]鈴木孝夫『ことばと文化』☆☆☆☆

一番気に入ったことば潜在的比較文/明示的比較文」


大学のシラバスで参考文献として上がることが多く、数人の教授にもオススメされた本。


内容的には薄いと感じますが、ことばから考察する手法の基本が載っています。


要するに言語学入門であり、言語学の面白いところをつまみ食いした感じです。


前半は文化比較、後半は日本の人称代名詞の考察です。


ことばと文化に興味のある学部一年生の時に読む本(だった)。



ことばと文化 (岩波新書)

ことばと文化 (岩波新書)