今月観た映画

①『アイアンマン2』②『ダウト〜あるカトリック学校で〜』③『ソラニン』④『ヘルボーイ』⑤『東京島』⑥『ゴールデンスランバー』⑦『ヘルボーイ・ゴールデンアーミー』



①前作の方が面白かった(カッコよかった)ように思います。それでもトニー・スタークはかっこよいです。エンタテイメント映画の面白さを計算しつくして作られています。娯楽としては満足です♪ウォーマシンはアイアンマンの改良版だったのだと、今作で知りました(マーブルコミックスはカプコンの格ゲーで知った口です。)



②友人のオススメです。疑いという狂気に翻弄される人間を描きます。元は舞台演劇みたい。奥深いテーマ性を散りばめていますが、わかりやすいところを観ると妄信と信念の対立でしょうか。


③原作が大好きなので視てみました。原作(マンガ)に固執し過ぎて実写の良さが制約されているような、原作の要約になってしまっている感じが残念でした。まぁ芽衣子さんの青春映画と捉えることもできますが、それは物語の一部分でしかないと思います。しかし宮崎あおいの可愛さに全てが許されます。これでいいのだ。


④アクションが観たかったのに、アクション控え目で少し物足りない感じでした。内容的にはアメコミによくある勧善懲悪ではなく、ここ数年よくある主人公が自分の出生や存在に自問自答するタイプか。
「考えるんじゃない、感じるんだ。」


⑤作品紹介を見て、もっと人間のドロドロしたところが見られると思ったけれど、実際はコメディーでした。男×女、文明×原始、生×死、ニート×社会人、中国×日本、など問えるテーマは多数あったはずなのに全部浅くて残念です。


⑥このような弱者が強者や権力に対抗する図式は大好きです。僕自身も人生の中でそのような姿に憧れていたり…。欲を言えばちょっと現実対応が甘いので物語にのめりこめなかった感もあります。


⑦この作品はアクションより人間性に焦点を当てたものだと思えば納得。それは「ヘルボーイ」はもちろん「エイブ」や「ヨハン・クラウス」の様態×感情表現によって強調される。


残念ながら映画(ビデオ)とゲームは長期休暇にしか楽しめないので、次は冬休みかなー。ちなみに今夏は一つもゲームをクリアしてない(>_<)



アイアンマン2 [DVD]

アイアンマン2 [DVD]

ダウト ~あるカトリック学校で~ [Blu-ray]

ダウト ~あるカトリック学校で~ [Blu-ray]

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

東京島 [DVD]

東京島 [DVD]