本日読了[239冊目]野村順一『色の秘密』☆☆

一番気に入ったことば「ライト・トーナス値」



色に関する雑多な知識が載っています。


実験による客観的事実から主観的通説までなんでもありです。


上記のライト・トーナス値とは、光や色彩によって筋肉が緊張、弛緩する現象を、脳波や汗の分泌量から測定した値らしいです。


色も物質も、脳も全て振動しているらしいです。


最後の5章では心も身体も振動であると心身一元論を唱え、テレパシーの話も出てきます。これはちょっと蛇足と思われて残念です。この話のせいで全体の論が緩んでしまいました。



色の秘密 最新色彩学入門 (文春文庫PLUS)

色の秘密 最新色彩学入門 (文春文庫PLUS)