昨日読了[232冊目]萩原昌好編『日本語を味わう名詩入門1 宮沢賢治』☆☆☆☆

一番気に入ったことば「あめゆじゅとてちてけんじゃ」



宮沢賢治の詩と、編者の解説、語彙の説明もついた初心者用の詩集です。


詩は音を感覚的に楽しむものらしいのですが、僕はどうしても頭で考えてしまうので、情景描写や心理描写がはっきりしたもののほうが好きです。



(1)宮沢賢治 (日本語を味わう名詩入門)

(1)宮沢賢治 (日本語を味わう名詩入門)