本日読了[228冊目]時雨沢恵一『キノの旅Ⅱ -the Beautiful World-』☆☆☆☆☆

一番気に入ったことば「悪く思うなよ。ボク達は人間なんだ。」



テスト勉強の合間にちょいと息抜き( ^^) _旦~~


短編連作で、キノがエルメス(注・二輪車。空を飛ばないものだけを指す)と一緒に、異なる規則が支配する国での出来事や、旅の途中で出会う人々とのやり取りが描かれます。


上記のことばは「人を喰った話」から。


当たり前のことですが、正しいか間違いかとは別次元で、生きるためには命を摂取し、様々な脅威から身を守らなければならんのです。でもそこに罪深さや憐れみを感じてしまう人間って面白い。


「自由報道の国」「帰郷」「本の国」がなかなか面白かったです。特に「帰郷」はなんともやるせない気持ちになりました。何が正しい選択なのかは後になってみなければわからないけれど、後になっても結局わからなかったりもするんだ。


満足できなくても、納得できるように肯定することが最良な場合もあると思います。


僕たちは人間だから、悩みながら答えを探すんだ。



キノの旅〈2〉the Beautiful World (電撃文庫)

キノの旅〈2〉the Beautiful World (電撃文庫)