本日読了[214冊目]熊野純彦『西洋哲学史 近代から現代へ』☆☆☆

一番気に入ったことば「物自体は経験不可能」



哲学史を体系的に知りたくて手に取ってみました。


各哲学者の思想内容が載っていますが、説明的ではなく紹介のような書き方をしているので、個別の哲学者についてある程度知ってないと理解が難しいかもしれません。


僕は読んでみて、知ってる哲学者と知らない哲学者の間での理解にかなり幅があると感じました。


高校までの教科書では扱わない哲学者も載っているので、この本から知識の幅を広げていくのによいのでは。



西洋哲学史―近代から現代へ (岩波新書)

西洋哲学史―近代から現代へ (岩波新書)