本日読了[212冊目]アリストテレス/廣川洋一(訳・解説)『アリストテレス「哲学のすすめ」』☆☆☆☆

一番気に入ったことば「われわれは哲学すべきである」


アリストテレスの哲学に関する学術書、ではなくて、(当時の)一般人向け著作。


哲学は知的に楽しくて、よりよく生きるために重要なんだって。


アリストテレス先生、僕もその意見に賛成します(*^^)v


この本は全体の約三分の一が「哲学のすすめ」で、残り三分の二は解説です。


乾燥した古典の言葉を解釈するためには、解説は必須です。


最近英語を読むか、レポートの参考文献を部分読みしてるだけだったのですが、久しぶりに楽しく通読できた一冊です。



アリストテレス「哲学のすすめ」 (講談社学術文庫)

アリストテレス「哲学のすすめ」 (講談社学術文庫)