今日の心理学用語16「心身症」

心身症 (Psychosomatic diseases)



「身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的な原因が強く関係し、臓器や器官の生涯または身体の不調といった病態を認められる状態。ただし神経症うつ病など他の精神障害に伴って起こる身体疾患は除外される。

消化性潰瘍や潰瘍性大腸炎が臓器や器官の不調で、身体的不調としては片頭痛などがあげられる。」



身体の不調が精神的なものからきている場合があることはよく知られています。現代ストレス社会の中でいかに外的要因による受動的なストレスから身を守るかも健康維持には欠かせない気遣いです。


僕の場合、一人の時間に物思いにふけること、好物を食べること、思ったことを文章で表出すること(誰にも見せないものもあったり)、歌を歌うこと、気心の知れた仲間に思ったことを喋ること、長風呂に入ることなどストレス対策をいろいろ用意してます。


ストレスは溜めないようにするのが吉です。まだまだ頑張れると思っていると、ある日突然身体にきたりします。日頃のケアに気をつけましょう。