たんじょうびものろーぐ

11月1日は僕の誕生日です。


今日家庭教師の仕事に行ったら生徒さんにプレゼントを貰いました。


物自体はそんなに高価なものじゃないけど、その気持ちには大きな意味を感じます。


個人的に誕生日は必然的な死に向かっていることを実感する悲しい日であり、社会的に「おとな」と見られ、責任と規則の重みが圧し掛かる不快な日であります。


ただ一人でそんな一日を半笑いで過ごす年もあったけど、今は人との繋がりの温かさを感じることもができます。


いやほんと、人間捨てたもんじゃないよ。


ありがたやー。