本日読了[153冊目]松岡正剛『多読術』☆☆☆☆

一番気に入ったことば「音読から黙読への変化」



この本からは著者の読書好きな様子が伝わってきます。


多読術という題名から、教示を与える本かと思いきや、「僕は読書を楽しんでます」という本でした。


肩肘張らずに好きなものを気楽に読むことや、本は毒にも薬にもなるが、多くはどちらでもない。など、共感できるところが沢山ありました。


それにしてもこの本にでてくる作家の名前がほとんど知らない人ばかりで、読書の世界は広いなーと思いました。



多読術 (ちくまプリマー新書)

多読術 (ちくまプリマー新書)