昨日読了[148冊目]高橋祥友『自殺の心理学』☆☆☆

一番気に入ったことば「心理学的剖検。」



心理学的剖検とは、簡単に言うと自殺した人の身辺調査です。


欧米では盛んに行われているらしいが、日本ではどうなんだろう?


ご遺族の気持ちに配慮して…まぁあまり積極的には行われていないのではないだろうか。(この本が出たのは13年前で、今は行われているのを知らないだけかもしれないけど)


この本は自殺の心理学と書いてあるが、自殺と鬱の関係、また精神科医である著者の経験からの事例を載せた本です。


15頁には自殺に関する認識テストがあります。


自殺や鬱の基本的な知識が得られるのでよく知らない人にはよいのでは。


まぁ僕は認識テストでほぼ満点だったし、それほど目新しい知識は多くなかったなと思いました。



自殺の心理学 (講談社現代新書)

自殺の心理学 (講談社現代新書)