[76冊目]櫻井義秀『霊と金 スピリチュアル・ビジネスの構造』☆☆☆☆

一番気に入ったことば「価値は参照点からの増減で評価される」



見る人によっては嫌悪感を抱いたり、ばかばかしいと思ってしまうスピリチュアルなもの。



信仰とは価値判断とは別なところにある。



お金があまりない僕にとってはうらやましいとも思えるお金の使い方。



スピリチュアリティの見本市とされる「すぴこん」の調査は楽しそうだったなぁ。



幸福至上主義において、本人が幸せなら嘘でもいいというのは本当だろうか?



お金を使わなくても幸せになれる方法はたくさんあると思うけどなぁ。



逆にお金を使わせるシステムと魅力を構築して成功する人に感服するよ。



霊と金―スピリチュアル・ビジネスの構造 (新潮新書)

霊と金―スピリチュアル・ビジネスの構造 (新潮新書)