[24冊目]本村凌二『多神教と一神教 古代地中海世界の宗教ドラマ』☆☆☆

一番気に入ったことば一神教は人類の歴史にとってきわめて特殊で例外的な現象であるといえる」


宗教の起こりはその土地の環境に依存する。


人間個人も、内面である心は環境に影響を受けずにはいられない。


本書にはギリシア哲学における魂についての記述があるが、魂の不死性は神の永遠性に近いものがあることがうかがえる。


魂の探求は、人がもつ自覚への欲求であるといえる。


地中海地方に興った宗教や思想を網羅的に理解する上で役に立った。