[9冊目]我孫子武丸『殺戮にいたる病』☆☆☆☆☆

一番気に入ったことばネクロフィリア―――死体性愛もまた、タナトス・コンプレックスの一形態としてよいように思う。」


まったく素直に読み、素直に驚いた。


叙述トリックの可能性と面白さに気付かされ、活字のもつ魅力にあらためて目を向けることができた。


物語の表現方法は数あれど、小説は読者の想像力によって物語を補完しているところが大きい。


読者によって小説は世界を広げる可能性を多分に持っているのだ。


また自分の社会的には許されない衝動にも気付かされた。


女を○○するとか、死体を○○するとか興味あるなー。


当然そのようなものを現実に持ち込まず妄想の世界で充足する境界線はあるので心配しないでください(^v^)


殺戮にいたる病 (講談社文庫)

殺戮にいたる病 (講談社文庫)